« 米国および世界の経済は堅調? | トップページ | 円安と円キャリー取引 »

2007.07.29

投資資金の質の回避では?

 日本経団連の御手洗冨士夫(キヤノン(7751.T会長)氏の発言(27日)

   東富士夏季フォーラム終了後の記者会見

 株安は短期的な調整に終わるとの見通しを示した上で、世界全体の信用縮小にはならないと述べ た。
 また、円高傾向にある為替相場は

    行き過ぎた円キャリー取引の調整など

が背景にあるが、長期的には金利差を反映するため、急激な円高になることはない との見方を示した。

 米国のサブプライム問題は深刻であり、LBO絡みで銀行やヘッジファンドが損失 を被るとの懸念も強まり、社債保有リスクはCDSが過去最高水準になっていることを考えれば短期で株安が収束する見込みは少なく期待だけで話にならないと思うが...APECでもキミット財務副長官は為替問題を取り上げることに積極的との発言が出てきている。

« 米国および世界の経済は堅調? | トップページ | 円安と円キャリー取引 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15923786

この記事へのトラックバック一覧です: 投資資金の質の回避では?:

« 米国および世界の経済は堅調? | トップページ | 円安と円キャリー取引 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ