« インドは金利据え置きか | トップページ | CDS市場で社債保有リスク急上昇 »

2007.07.31

国債相場が値崩れ(米国)

 米国の国債相場はここ2週間で最大の 下げとなった。

 NY株式相場が大きく反発し、投資家のリスクマネー回帰の流れが強まった。

 先週の世界的な株安では時価総額で2兆1000億ドルが失われていたが信用回復のスッテップを踏み出しており円キャリーが再び拡大しそうだ。         

      

 相場の勢いを判断する指標からは、債券相場は騰勢を失う方向にあること が示されたようだ。

 先週の米国債相場は、サブプライム 住宅ローンの問題が景気を減速させるとの観測や、米債相場の変動が05年 3月以来の幅に拡大したことから、週間ベースで10カ月ぶりの大幅高を記録 していた。

  

« インドは金利据え置きか | トップページ | CDS市場で社債保有リスク急上昇 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15956011

この記事へのトラックバック一覧です: 国債相場が値崩れ(米国):

« インドは金利据え置きか | トップページ | CDS市場で社債保有リスク急上昇 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ