« APECで為替問題を協議 | トップページ | 投資資金の質の回避では? »

2007.07.29

米国および世界の経済は堅調?

 ブッシュ大統領は27日、サブプライム問題から米国株式市場が下落を始めた動きに連動し株価が世界的に急落するなか、第2・四半期の米国内総生産(GDP)速報値の強い結果を受けて、米国および世界の経済は堅調であるとの見方を示した。    

 大統領は、ホワイトハウスで経済に関する会議を行った後、ポールソン財務長官と同席し、

     世界経済は強く

その主たる理由の1つは、米国の経済が依然堅調であることだと確信していると述べた。

 ただ、足元の株価下落やサブプライム問題の取り扱い如何によっては、更に米ドルが売り込まれる流れが出てくることから、底値を探る動きになる。米ドル安をなれば原油高の影響を直接受けることになりインフレの加速と企業収益減少からの株価下落が進む可能性もあり注意したい。

 

« APECで為替問題を協議 | トップページ | 投資資金の質の回避では? »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15929728

この記事へのトラックバック一覧です: 米国および世界の経済は堅調?:

« APECで為替問題を協議 | トップページ | 投資資金の質の回避では? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ