« ECBは政策金利を4.00%に据え置く | トップページ | 追加利上げが必要とトリシェ総裁(ECB)が示唆 »

2007.07.05

格付けが上がっても?

 藤井秀人財務次官の定例会見(5日)

 ムーディーズが前日、日本国債の格付けを

   引き上げ方向で見直す

と発表したことに関し、日本の良好なファンダメンタルズや財政健全化の取り組みが国際的に評価されつつあると述べた。

 ただ、日本経済に対する海外投資家の見方は冷めており、円が買われる展開とはなっていない。円安下のデフレは国内企業の体力を奪うことから早急な方向転換が必要となるが、一旦、見放されてしまった円を買う動きは出にくく、米国債券を売って資金の流入を諮る時期に来ているのではないだろうか。

« ECBは政策金利を4.00%に据え置く | トップページ | 追加利上げが必要とトリシェ総裁(ECB)が示唆 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15661885

この記事へのトラックバック一覧です: 格付けが上がっても?:

« ECBは政策金利を4.00%に据え置く | トップページ | 追加利上げが必要とトリシェ総裁(ECB)が示唆 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ