« ユーロ経済拡大 | トップページ | 倍返し »

2007.07.03

肥満解消で経済を救うかも

  医学誌「ネイチャー・メディスン」に2日掲載された論文

 ガーバン・インスティチュート・オブ・メディカル・リサ ーチ(シドニー)に所属する科学者らがストレスと肥満をつなぐ連関性を発 見した。

 世界で16億人の「肥満」たちの救済につながる朗報だ。         

      

 スト レスを受けた脳は脂肪細胞内の遺伝子を活性化させるホルモンを出し、この結 果、脂肪細胞が成長するとともに数も増えという結果が出た。

      

 世界保健機関(WHO)によると、太り過ぎの成人は2015年までに世界で 23億人に達する見込みで、05年の16億人を上回ることが予想されている。         

      

 体に摂取したエネルギーがどのように脂肪細胞に導かれるかを理解 する上で画期的な発見となったようだ。

 肥満の多い米国などの医療費の低下が見込まれるかもしれない。
         

  

« ユーロ経済拡大 | トップページ | 倍返し »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15636154

この記事へのトラックバック一覧です: 肥満解消で経済を救うかも:

« ユーロ経済拡大 | トップページ | 倍返し »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ