« インド占星術 | トップページ | 台風一過の青空 »

2007.07.15

原油の円建て清算要請の影響は

 日本銀行が12日に開催した金融政策決定会合では政策金利が8対1で現状 維持となった。
 票決で反対が1票にとどまったことから8月利上げへの緊張感はいったん和らい だ。

 経済・物価情勢はおおむね想定通りとの判断が主流となっているようで、利上げに 向けてのスタンバイ状態に入ったようだ。
 ただ、NY時間帯に
イラン国営石油会社(NIOC)から邦人石油会社へ決済金の清算を円建てにするような要請(文書)があったことから円買いの流れが出始めており、今後、参院選の結果、市場が混乱す るような事態が起きる前に円買いシフトが出てくれば規定路線化し始めた8月の全員一致での利上げが決まるという目論見にも変化が起きるかもしれない。

 イランは、米政府がイランの孤立化を目指し圧力を強めるなか、米ドル建てによる取引を制限したことから5月までに米ドル以外の通貨での原油収入は70%に達した。

 

« インド占星術 | トップページ | 台風一過の青空 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15761456

この記事へのトラックバック一覧です: 原油の円建て清算要請の影響は:

« インド占星術 | トップページ | 台風一過の青空 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ