« 支払い残高の4.58%が貸し倒れ(米国) | トップページ | ピップ/ポイント (pips/points) »

2007.08.29

急激な相場変動には対処する方針

(ブルーム バーグ・ニュースなどとのインタビュー)

 額賀福志郎財務相の発言(29日午後)

 為替介入の基本的な方針について、経済が安定した発展を続けていくためには、急激な為替の変動が起こらない ように努力していことは当然のことであり、急激に相場が変動した場 合は適切に対処していく考えを表明した。         

      

 日本政府は03年1月中旬から04年3月中旬までに

     計 約 35兆円

の介入を 実施して以降3年以上にわたり為替介入を見送っている。

 米国のサブプライムロ ーンに端を発した金融市場の混乱に伴い、今月 中旬に円は一時1ドル=111円台に上昇した。

« 支払い残高の4.58%が貸し倒れ(米国) | トップページ | ピップ/ポイント (pips/points) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16277210

この記事へのトラックバック一覧です: 急激な相場変動には対処する方針:

« 支払い残高の4.58%が貸し倒れ(米国) | トップページ | ピップ/ポイント (pips/points) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ