« 損害か、それとも効率化の結果なのか | トップページ | 沿岸部の77%で汚染物質が海に流されていた(中国) »

2007.08.05

豊漁

 海水温の上昇などで、夏の海で取れる魚に異変が起きているようだ。

 関西で夏人気の北陸産のサワラが記録的な豊漁となっている。

 また、三陸沿岸の太平洋ではゴマサバ活発な漁獲が続いている。ただ、ゴマサバは主に伊豆諸島より南の海域で漁獲されるが、最近はラニーニャ現象の影響なのか、それとも地震の影響か不明だが宮城や岩手県の漁港にあふれているようだ。

 冷凍技術が発達している今日では価格の大きな変動を抑制することも可能であるものの鮮度を重視すれば消費地への流入量が増加し価格破壊が起きそうだ。

 海産物資源は海洋国家でもある日本にとっては重要な資源のひとつであり欧米での魚類の需要拡大が価格上昇を起こしてきており、海外への輸出に流れるかもしれない。

  

« 損害か、それとも効率化の結果なのか | トップページ | 沿岸部の77%で汚染物質が海に流されていた(中国) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16011258

この記事へのトラックバック一覧です: 豊漁:

« 損害か、それとも効率化の結果なのか | トップページ | 沿岸部の77%で汚染物質が海に流されていた(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ