« バレル当たり78.21ドル | トップページ | 消費者信頼感指数の悪化が拡大 »

2007.08.01

誤ったアプローチ

 ポールソン財務長官をはじめグティエレス商務長官、シュワブ米通商代表部(US TR)代表など複数の米国政府高官は、人民元相場切り上げに向け中国に圧力をかける 議会法案を

    誤ったアプローチ

だと一部議員にあてた31日付の書簡で指摘した。         

 こうした法案では、 経済改革の実行と市場本位の為替相場への迅速な移行を中国に説得する という共通目標の達成にはつながらないと指摘した。         

 上院の財政委員会と銀行委員会が可決した法案は中国 市場の開放努力を台無しにするだけでなく、米国の輸出を脅かすととも に、貿易摩擦の激化につながるリスクがあると主張した。         

 上院財政委員会は7月26日、為替政策をめぐり中国などに圧力をかけ ることを目的とする法案を可決しており、中国からの報復も懸念されている。

  
         

« バレル当たり78.21ドル | トップページ | 消費者信頼感指数の悪化が拡大 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/15967985

この記事へのトラックバック一覧です: 誤ったアプローチ:

« バレル当たり78.21ドル | トップページ | 消費者信頼感指数の悪化が拡大 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ