« インド式計算パズル | トップページ | 金融監督機関を再編 (米国) »

2007.08.26

株価との連動

 NY株式市場は先週末は大幅高で引けており、週明け東京株式相場も連れて上昇する動きが強まると見る向きは多そうだ。
 ただ、商いが盛り上がっておらず上値が重い展開を予想する。

 損失確定の売りや買い戻しが一巡しており、投資家は様子見姿勢を強めるだろう。

 株価に連動して円キャリーが優勢となってきたことから円安傾向に変化しており、企業業績に 対する不安感も薄まりつつあるようで足元は落ち着きが戻ってきている。

 ただ、時間足を見ると売り浴びせデ下げた谷を埋める勢いも半値程度であり、このまま上向く動きが単純につながっていくとは思えない。
 安倍晋三首相が27日に内閣改造に踏み切る予定だが顔ぶれ等によってはその後の混乱も大きくなり円が売られる流れが強まりインフレ懸念が強まるかもしれない。

« インド式計算パズル | トップページ | 金融監督機関を再編 (米国) »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16245466

この記事へのトラックバック一覧です: 株価との連動:

« インド式計算パズル | トップページ | 金融監督機関を再編 (米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ