« BOEの利下げが必要か!? | トップページ | 10年債相場は下落(英国) »

2007.09.28

380億ドルの資金供給

 米連邦準備理事会(FRB)は27日、傘下のニューヨーク連銀を通じ、4回に分けて

   合計380億ドル(約4兆4000億円)

の資金を短期金融市場に 供給した。

 サブプライム問題を発端とする金融不安が広がった8月10日と同規模の大量供給となった。

 FRBは14日物で60億ドル、7日物で200億ドル、4日物で70億ドル、翌日物で50億ドルの資金を供給する公開市場操作に踏み 切った。

 週末用の資金需要が増える木曜日は大きめの市場操作を実施するケースが多いが、短期市場の資金需給が企業の決算にあわせた措置で通常より逼迫するリスクを回避するための措置を行った模様だ。

 FRBは金融不安が世界中に連鎖した8月9日以降、必要に応じて潤沢な資金供給を続けておりインフレリスクは消えない状態が継続している。

« BOEの利下げが必要か!? | トップページ | 10年債相場は下落(英国) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16595978

この記事へのトラックバック一覧です: 380億ドルの資金供給:

« BOEの利下げが必要か!? | トップページ | 10年債相場は下落(英国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ