« 貿易戦争 | トップページ | やや緩和方向のバイアス »

2007.09.16

薬剤耐性遺伝子

 抗生物質を効かないようにする

    薬剤耐性遺伝子

は、自然界の海洋細菌から、人の体内にもいる大腸菌や腸球菌に移動しやすいことが分かった。

 耐性菌を含んだ生魚などを食べると、使ったことのない抗生物質でも効かなくなる可能性を示す結果だという。
 鈴木聡教授(愛媛大沿岸環境科学研究センター)らが松山市で開催中の日本微生物生態学会と国際微生物生態学シンポジウムアジア大会の合同学会で17日発表する。
 
 抗生物質を摂取した場合に体内に取り込まずに分解しないまま尿等から体外に排出するのが一般的な流れとなっている。
 鳥インフルエンザ対策用として考えられている薬剤なども軽易な風邪などへも不必要に使用しており河川から海洋への流出が増加しており、時期的な問題もあるが非常時に全く効かないというリスクが時間経過とともに高くなりそうだ。

« 貿易戦争 | トップページ | やや緩和方向のバイアス »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16462183

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤耐性遺伝子:

« 貿易戦争 | トップページ | やや緩和方向のバイアス »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ