« 新興国の資本の国外流出懸念 | トップページ | 政策金利の引き下げ圧力 »

2007.09.10

利下げ要請 (米国下院)

 バーニー・フランク委 員長(下院金融委員会 民主)の声明文(7日)

 8月の雇用者数の減少を受け、 金融当局に対して利下げを要請した。         

 確固たる対応策、具体的に言えば意味のある 利下げが必要だと訴え

     8月の雇用統計で深刻な問題

が提示されたことで、 9月18日の連邦公開市場委員会(FOMC)で連邦準備制度理事会(FRB) が行動を取るべきかどうかという議論は終止符が打たれるはずだと指摘した。    

 今回の利下げ圧力は、米国議会によるFRBの審査強化を目指すフランク委 員長の最新の取り組み。

 同委員長ら民主党議員は住宅ローン拡大時に暴利をむ さぼるような融資慣行に歯止めを掛けることができなかったFRBの責任を追 及している。         

« 新興国の資本の国外流出懸念 | トップページ | 政策金利の引き下げ圧力 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16388734

この記事へのトラックバック一覧です: 利下げ要請 (米国下院):

« 新興国の資本の国外流出懸念 | トップページ | 政策金利の引き下げ圧力 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ