« ボラティリティが高まり過ぎたときに為替介入を実施する | トップページ | 米国債相場 »

2007.09.08

業績見通し(ドイツ銀行ほか)

 キアン・アボホセイン氏とジェーコブ・クルーズ 氏のリポート

    JPモルガンのアナリスト

(概 要)

 米国のサブプライム住宅ローンの焦げ 付き急増問題の影響が欧州の証券会社で最も大きいのは、ドイツ銀行だという。

 リポートでは、今年の利益予想を5%、08年と09年の利益予想を10%それぞれ下 方修正した。

 この数値は証券化やレバレッジド・ファイナンス、ヘ ッジファンド、自己売買部門の持続可能な総収入の減少を08年と09年の業績見通しに 反映させた。                

 また、スイスのクレディ・スイス・グループとUBSの利益予 想も下方修正した。

 クレディ・スイスの利益予想は07年が5%、08年と09年は3% 引き下げた。

 UBSの利益予想は、07年は2%、08年は4%、09年は3%下方修正し た。JPモルガンは、クレディ・スイスの投資判断を「オーバーウエート」、UBSと ドイツ銀の投資判断を「アンダーウエート」としている。

 

« ボラティリティが高まり過ぎたときに為替介入を実施する | トップページ | 米国債相場 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16373231

この記事へのトラックバック一覧です: 業績見通し(ドイツ銀行ほか):

« ボラティリティが高まり過ぎたときに為替介入を実施する | トップページ | 米国債相場 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ