« 追加利下げも (米国) | トップページ | リスク再評価の動き »

2007.09.21

ホットエア

 ホットエアとは、京都議定書で定められた削減目標が緩く、締約国が許可されている割当排出量(AAU)に対して、実際の排出量に余裕がある場合の余剰枠のこと。

 ロシアや東欧諸国の余剰枠を指すことが多い。

 ロシアなど旧共産圏国家の温室効果ガス(GHG)排出量がソビエト連邦崩壊後の経済破綻により激減し、1990年の半分以下まで落ち込んでおり、基準年の排出量から京都議定書の達成目標に対する余剰分が発生したという経緯がある。

 ホットエアの量は、二酸化炭素(CO2)換算でロシアが約12億t、ウクライナが約4億t、中東欧諸国が約5億t程度と見られている。

 2005年の日本全体のGHG排出量は約13.6億tであり、第一約束期間に向けた必要削減量は2.25億t程度と試算される。

« 追加利下げも (米国) | トップページ | リスク再評価の動き »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16514817

この記事へのトラックバック一覧です: ホットエア:

« 追加利下げも (米国) | トップページ | リスク再評価の動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ