« 機関投資家調査 | トップページ | S&P (Standard & Poor’s) »

2007.09.20

住宅ローン債権購入の上限

 バーニー・フランク下院金融サービス委員長(民主、マサチ ューセッツ州)あての書簡(17日付)

 バーナンキ議長(FR B)は住宅金融大手ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)とフレディマ ック(連邦住宅貸付抵当公社)の

    住宅ローン債権購入の上限

について、規制強 化の流れに反するとして、41万7000ドルから引き上げることに反対していたことが19日に公開された書簡で明らかになった。         

      

 同議長は上限引き上げについて

   意味のある規制を実施しようとする意欲を 削ぐ効果

があり、賢明ではないと指摘していた。         

      

 フランク委員長ら民主党議員は住宅市場の好転に向け、ファニーメイなど の住宅ローン債権の購入上限を引き上げ、現行約1兆5000億ドルの購入枠を 拡大するようブッシュ政権に求めていた。

 両社の規制機関である米連邦住宅公 社監督局(OFHEO)は19日、上限枠を年2%拡大することを認める方針を 発表した。         

« 機関投資家調査 | トップページ | S&P (Standard & Poor’s) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16508570

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローン債権購入の上限:

« 機関投資家調査 | トップページ | S&P (Standard & Poor’s) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ