« 米国経済には大きな下押しリスクがある | トップページ | アット・ザ・マネー (ATM) »

2007.09.03

実体経済まで悪影響を受けるか

 陶冬氏の発言  (8月30日 香港在勤)
   クレディ・スイス・グループ(金融大手 スイス)
   アジア担当チーフエコノミスト

(発言概要)

 米国においては住宅市場の低迷やサブプライム住宅ローン問題に端を発したウォール街で起きている金融市場の動揺は、米国の実体経 済に悪影響を及ぼすだろう。

 中国の輸出業者はバーナンキ議長 より、米国経済について遥かによく知っている。議長はデータをみて判断するが、 中国の輸出業者は受注件数によって予見できるからだ。

 データは受注件数に遅れ て表れるためだ。         

 米国経済の減速は避けられないとの見通しを示した。         

      

 米国の小売売上高に対する先行性が高い中国輸出業者の受注件数指数 は、昨年末から足元まで大幅に低下した。

« 米国経済には大きな下押しリスクがある | トップページ | アット・ザ・マネー (ATM) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16329018

この記事へのトラックバック一覧です: 実体経済まで悪影響を受けるか:

« 米国経済には大きな下押しリスクがある | トップページ | アット・ザ・マネー (ATM) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ