« 人民元相場が過小評価 | トップページ | アライアンス・アンド・レスター »

2007.09.17

新会計基準

 リーマン・ブラザーズの明日発表される決算でABCP計算値が、他の投資銀行と同様の会計基準によるものか否かに注目したい。
 一部、アナリストの間では、不透明との指摘も出ているようで、関心事は売買資産の値洗いをどのように区分したか注目したい。

 新会計基準によると市場価格を適用するレベル1から、流動性のないレベル3まで大まかに3区分される。
 なお、レベル3は判別不可能に組み入れものであるが、このレベル3の比率が増大するかどうかが問題となる。
 なお、第2四半期の証券会社での平均比率は9%であった。 

 07年度のトップ5 ABCP(資産担保証券)発行金額
                  (単位:10億ドル)
 ① リーマン・ブラザーズ         662
 ② ベアースターンズ           565
 ③ ロイヤル・バンク・オブスコットランド 450
 ④ クレディスイス            387
 ⑤ JPモルガン              378

 

« 人民元相場が過小評価 | トップページ | アライアンス・アンド・レスター »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16476399

この記事へのトラックバック一覧です: 新会計基準:

« 人民元相場が過小評価 | トップページ | アライアンス・アンド・レスター »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ