« 農産品に出資するヘッジファンド | トップページ | PPI »

2007.09.16

カナダドルと米ドルが平価となる日

 外国為替市場では、カナダドルが5 日続伸し、対米ドルで1977年以来30年ぶりの高値を付けた。

 これは原油など商品相 場の上昇で、経済成長が加速するとの観測が強まったことが影響したもので世界的な景気後退が無ければ 加ドルと米ドルが1976年11月以来、初めて平価になるとの見方が出て いる。         

 加ドルは30年ぶりに1加ドル=0.97米ドルを超えた。

 原油相場が日中、過去最高値を更新し、金価格が1トロイオンス=700ドルを上 回って取引されたことがプラス要因となって大きく影響を与えた。

 天然資源関連商品はカナダ輸出の半分以上を占めており、世界的な景気拡大が続けばまもなく示現する可能性が高いようだ。         

« 農産品に出資するヘッジファンド | トップページ | PPI »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16462141

この記事へのトラックバック一覧です: カナダドルと米ドルが平価となる日:

« 農産品に出資するヘッジファンド | トップページ | PPI »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ