« 秩序ある状況に向け支援する準備 | トップページ | 約6兆6600億円を投入(ECB) »

2007.09.06

金利上昇と欧州経済

 アルムニア委員(経済・通貨担当 欧州委員 会)の発言(5日)
       欧州連合(EU)の行政執行機関
   場  所  ストラスブール
   要  件   欧州議会

(発言概要)

 米国のサブプライム住宅ローン問題に起因する金利上昇に よって、欧州経済が大きな影響を受けることはないとの見解を示した。         

 欧州経済は確固たる基盤を持っており、最近の乱高下で 大きな影響を受けることはないと述べたうえで、域内経済は不透明性を克服できる良 好な状態にあると指摘した。         

世界経済は依然として非常に力強いとし、このため欧州の貿易 は引き続き好調な商業的成果を挙げていると指摘した。

 さらに、企業投資は依然として非常に高い水準にあると語った。

   
         

« 秩序ある状況に向け支援する準備 | トップページ | 約6兆6600億円を投入(ECB) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16356783

この記事へのトラックバック一覧です: 金利上昇と欧州経済:

« 秩序ある状況に向け支援する準備 | トップページ | 約6兆6600億円を投入(ECB) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ