« 円買いが一巡するには? | トップページ | 利下げ要請 (米国下院) »

2007.09.10

新興国の資本の国外流出懸念

 新興市場国の中央銀行は、ここ数週間の世界的な信用収縮を懸念し資本の国外流出を穴埋めするため保有している米国債を売却したとみられている。
 ただ、そうした動きは短命に終わると見ることが相当だろう。    

 アジア通貨危機発生から見ると最悪の世界的信用・流動性収縮は、米国のサブプライムローン 問題を発端とた動きであることから米国債券を積極的に購入していた新興市場国における株価急落などにより資本流出、複数の途上国に外貨準備減少をもたらした。

 そのために、当該 国政府・中銀などが外貨資産を売却する事態となったようだ。

« 円買いが一巡するには? | トップページ | 利下げ要請 (米国下院) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16373408

この記事へのトラックバック一覧です: 新興国の資本の国外流出懸念:

« 円買いが一巡するには? | トップページ | 利下げ要請 (米国下院) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ