« ディスインフレの影響 | トップページ | CDOの格付けを引き下げ »

2007.10.28

原油100ドル超過のコールオプション

 NYMEXでは、原油先物価格が1バレル=100ドルを超えることを予想する

    コール・オプション

の買いが膨らんでいる。

 米国産標準油種であるWTI原油先物12月限は27日、ドル安と供給懸念を背景に、92ドルを上回り過去最高値を更新した。

 WTI原油1月限 のコール・オプション(権利行使価格100ドル)は43%高の1.33ドルとなった。

 これは12月13日の権利行使期限までに、WTI原油1月限が101.33ドルまで上昇しなければ利益が出ない水準であるが博打的な動きになって資金が流入している。

 また、WTI12月限のコール・オプション(権利行使価格100ドル)は2倍の0.77ドルとなった。

 この水準は投資家が11月13日の行使期限までに、同月限が100ドルを超えると見込んでいることになる。
 行使価格100ドルのコールオプション取組高も前例のない水準に膨らんでおり、実需価格とは異なった相場が形成されており、暴落のリスクが蓄積している。中東問題をきっかけとした動きがつづいており、信用収縮防止で資金供給のバルブを開いた影響も大きくインフレリスクが高まっている。FRBが金利引き下げの流れを織り込んで株価が上昇しており、50BP引き下げとなれば為替が一時的に円高になるとの読みと株式市場へのリスクマネー流入という流れの綱引きになるため相場が荒れるかもしれない。
 
     

« ディスインフレの影響 | トップページ | CDOの格付けを引き下げ »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16895995

この記事へのトラックバック一覧です: 原油100ドル超過のコールオプション:

« ディスインフレの影響 | トップページ | CDOの格付けを引き下げ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ