« SRMアドバイザーズ | トップページ | 米消費者信頼感指数 »

2007.10.11

リセッション回避の確率は50%を超えた

 グリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言(10日)

   場  所  ニューヨーク

(発言概要)

 米国がリセッションを避けられる確率は50%を上回っていると述べた。
 株式相場がこのまま上昇すれば、今われわれが経験している住宅の価値減少もすぐに相殺することができるとのこと。

 また、世界的な貯蓄過剰が長期金利を押し下げたとして、住宅バブルの責任は連邦準備制度やその他中央銀行にはないと語った。

 一つの見方としては中央銀行の重要性が世界的に薄れている点が挙げられるようだ。
 中央銀行による長期債市場の制御が失われた今となっては、連邦準備制度や欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行などの中銀には極めて重大な住宅バブルに対する制御は不可能だったと述べた。

« SRMアドバイザーズ | トップページ | 米消費者信頼感指数 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16726763

この記事へのトラックバック一覧です: リセッション回避の確率は50%を超えた:

« SRMアドバイザーズ | トップページ | 米消費者信頼感指数 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ