« 戦略石油備蓄の目的 | トップページ | ディスインフレの影響 »

2007.10.28

ロシアにエンジン50基を発注

ロシア Web紙 コメルサント
      ロシアの産業界筋の情報として報道

 イランはロシアのプーチン大統領が10月中旬のイラン訪問の際に、国産の最新戦闘機用にロシアメーカーに対してエンジン50基を発注することで合意したものとみられている。

 受注したのはチェミシェフ・モスクワ・マシン・ワークス社で

     総額1億5000万ドル

の取引だという。
 エンジンは50RD-33ターボジェット・エンジンでミグ29SMT戦闘機用に開発されたもの。

 ロシア産業界筋は今後、イランからの発注が増える可能性が高いとみているようだ。  

 プーチン大統領は、イランへの軍事攻撃を警告する発言を行っているが、イランの軍事力増強、核開発に懸念を深めている米国はイランの軍事攻撃を選択肢の中に入れているとされ、イランをめぐる米ロ対立軸が増加していく傾向にあるようだ。

  参  考   GlobalSecurity.org 

            ・ 【業界初】  保有ポジションのレバレッジ変更機能  

« 戦略石油備蓄の目的 | トップページ | ディスインフレの影響 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16895912

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアにエンジン50基を発注:

« 戦略石油備蓄の目的 | トップページ | ディスインフレの影響 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ