« リセッション懸念が緩和 | トップページ | ノーザン・ロックの支配権 »

2007.10.13

住宅不況を克服か (米国)

 米国債相場は米国経済が住宅不況を乗り切りつつあると市場で受け止められたことが、影響し利回り上昇につながった。

 

2年債利回りは8月以来の高水準に押し上げられ、週間ベースでも4月以来で最大の上昇を記録しことから売りが優勢となり下落した。

 9月の米小売売上高がエコノミスト予想を上回る伸びを示し、連邦公開市場委員会(FOMC)が今月開く会合で

     追加利下げ

を決定するとの見方は後退している。

 なお、米社債の売り出しは7月と8月の需要冷え込みから持ち直し、年初からの集計で規模1兆ドルに迫っている。

« リセッション懸念が緩和 | トップページ | ノーザン・ロックの支配権 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16744152

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅不況を克服か (米国):

« リセッション懸念が緩和 | トップページ | ノーザン・ロックの支配権 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ