« 赤味噌が値上げ | トップページ | 世界経済についての不確実性 »

2007.10.15

「仮のもの」では話にならない

 欧州株は軟調な展開となってきた。

 英FT100指数は、ノーザン・ロック(英 住宅金融大手)の買収に関して、複数の買収提案が

   仮のもの

と報じられたことを受け急落している。

 これが相場全体の重石となって底が沈んできた感じだ。この流れを受け、FT100指数は一時6723.10pまで下落したのち、そのまま小安い状態で推移している。

 独DAX指数も軟調となっている。

 WTI原油先物価格が時間外で83ドルまで上昇したことを受け、独化学大手のBASFが下落し、相場の弱い地合いを牽引している模様だ。

 独DAXは一時8041.26pまで下落し、そのまま安値圏での揉み合いとなっている。

 原油価格上昇はインフレ懸念を再燃させるが、株価下落という副作用もあり金利引き下げとの綱引きが起きそうな感じだ。

« 赤味噌が値上げ | トップページ | 世界経済についての不確実性 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16770306

この記事へのトラックバック一覧です: 「仮のもの」では話にならない:

« 赤味噌が値上げ | トップページ | 世界経済についての不確実性 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ