« JPモルガン・チェースの第3四半期1株当り利益 | トップページ | イラク越境軍事作戦法案を可決 (トルコ) »

2007.10.17

判断は時期尚早

 リープシャー総裁(オーストリア中央銀行)の発言(16日)
    欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバ ー

   場  所  ウィーン

(発言概要)

 ECBが依然として、増大し ている

      重大なインフレリスク

を重視していると述べ、追加利上げを実施する 可能性を示唆した。         

      

 原油相場の上昇も物価安定に対するこうしたリスクを増大させてい ると述べた。         

      

 ユーロ圏経済見通しとして、ユーロ圏の経済成長は 依然として堅調を維持していると確信している。

 来年の成長は、緩やか に鈍化する可能性があるものの、2-2.5%成長を保つと予想した。         

      

 短期金融市場については正常な状態に戻りつつあると述べた上 で、戻るのは少なくとも来年になるだろうと予想した。

 金融市場混乱の経済への 影響については、判断は時期尚早との見方を示した。         

« JPモルガン・チェースの第3四半期1株当り利益 | トップページ | イラク越境軍事作戦法案を可決 (トルコ) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16788044

この記事へのトラックバック一覧です: 判断は時期尚早:

« JPモルガン・チェースの第3四半期1株当り利益 | トップページ | イラク越境軍事作戦法案を可決 (トルコ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ