« コマーシャル・ペーパー(CP)市場は拡大 | トップページ | ユーロ圏経済成長を維持する »

2007.10.12

信用関連の損失の最悪期はいつ?

デービッド・ワイス氏の発言(11日)
    チーフエコノミスト(S&P ニューヨーク在 勤)

  要  件  香港での会議

(発言概要)

 米国のサブプライム住宅ローンの焦げ付き 増加に端を発した

      信用関連の損失の最悪期

はこれからになるとの見方を示した。         

      

 8月以降、われわれはパニックの最悪期を経験したが、 まだ信用関連の損失の最悪期は見ていない。

 誰も損失がどの程度のものに なるか確信がない。さらに問題な点は、これらの資産を誰が保有してい るかを市場が知らないことだという。

 誰が損をしたのか、どのぐらいレバレッジを掛け ているのかがマーケットには分からないと説明した。         

      

 米国の住宅価格は2006年半ばのピーク時、家計収入の3.4倍となっていたが、それ以降3.9%下落しているという。

 景気刺激策として、来年1月末に米国の金融当局が0.25ポイントの追加利下げを実施するとみてい るようだ。         

« コマーシャル・ペーパー(CP)市場は拡大 | トップページ | ユーロ圏経済成長を維持する »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16731887

この記事へのトラックバック一覧です: 信用関連の損失の最悪期はいつ?:

« コマーシャル・ペーパー(CP)市場は拡大 | トップページ | ユーロ圏経済成長を維持する »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ