« BdF (Banque de France) | トップページ | 塩素により不活性化 »

2007.10.01

アングロゴールド

 世界2位の鉱山会社、英国のアングロ・アメリ カンは1日、南アフリカの産金会社

     アングロゴールド・アシャンティ

の保有株 式の約半分を売却し、取締役会からも撤退する計画を明らかにした。         

 アングロの発表資料によれば、同社は約199億ランド(約 3350億円)相当のアングロゴールド株6100万株を売却する計画という。

 保有比率は 41.6%から20%未満に低下するものの売却先等の詳細は不明となっている。

 アングロが05年に銅やニッケルなど の金属に集中する方針を発表して以来、売却は2回目となっている。

 インフレ進行や米ドル安に伴い金選好の流れがあるものの中国黒竜江地域の金の埋蔵量が南アを抜いており、850ドルを突破する動きであるが、相場が荒れる兆しは無いものの将来的には注意が必要かもしれない。

« BdF (Banque de France) | トップページ | 塩素により不活性化 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16632748

この記事へのトラックバック一覧です: アングロゴールド:

« BdF (Banque de France) | トップページ | 塩素により不活性化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ