« ルピー吸収の為替介入 | トップページ | アミノ酸の変異で新型インフルエンザの流行を予測 »

2007.10.05

豪の次期連邦総選挙の日程に注目

 豪市場では次期連邦総選挙が本日にも発表されるとの憶測が流れている。

 連邦総選挙が豪ドル相場に持つインプリケーションは、目先的には

    いつが 投票日

となるかと考えられており、早ければ11月10日になるかもしれない。
 コステロ財務相の先週末の発言では同月24日の可能性が示唆されていたようだ。

 豪準備銀行(RBA)の金融政策理事会が11月7日に行われたうえで、最も早く利上げが行われる可能性があると選挙結果に影響を与えるためだ。

 ス ティーブンス総裁(RBA)は、総選挙があっても政策の調整が必要と判断すれば、利上げを行う意向にあると言われる。 

 

基本的には2008年3月までに1回の利上げは、すでに織り込まれていることもあり、年内か否かは大きく豪ドルの価格に影響は及ぼさないとの見方が主流となっている。

« ルピー吸収の為替介入 | トップページ | アミノ酸の変異で新型インフルエンザの流行を予測 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16669155

この記事へのトラックバック一覧です: 豪の次期連邦総選挙の日程に注目:

« ルピー吸収の為替介入 | トップページ | アミノ酸の変異で新型インフルエンザの流行を予測 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ