« 信用市場の混乱で成長率を押し下げる | トップページ | 豪の旱魃 »

2007.10.05

不確実性

 岩田一政副総裁(日本銀行)の講演(4日)

    場 所  山口県下関市

(発言概要)

 米国の減速リスクがやや高まっている可能性があり、金融市場の混乱も不確実性を高め ている。
 一方、中国が成長を加速させ、国内の生産活動も復調していると指摘した。

 緩やかな景気回復が続くとの見通しについて

    これまでのシナリオが 崩れるとは考えていない

との認識を示した。

 米国経済はサブプライム問題の影響から住宅部門の調整が長引き

    2008年前半まで成長の重しになる可能性がある

と分析した。

 ただ、米国が景気後退に陥るとはみていないが、仮に米 国の減速が強まり、欧州でも景気が減速すれば、日本の成長率に下方リスクが生じることに留意する必要があると指摘した。

 

 欧米の景気鈍化のシグナルが出れば当然ながら、円安シフトが変化することになり注意が必要だ。本来であれば、原油の価格上昇による経済への悪影響を緩和させることも重要であり、インフレを誘発させると日本も将来に禍根を残すような住宅問題が起きかねない。為替が反転するまでに金利の引き上げで物価上昇を押さえ込むべきで景気減速のみを重視すべきではない。

« 信用市場の混乱で成長率を押し下げる | トップページ | 豪の旱魃 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16664565

この記事へのトラックバック一覧です: 不確実性:

« 信用市場の混乱で成長率を押し下げる | トップページ | 豪の旱魃 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ