« 先を読む指標に注目 (FRB) | トップページ | 急激なボラティリティが起きるリスク »

2007.10.09

JPモルガンとバンカメが約30億ドルの評価損

 フィナンシャル・タイムズ(FT)紙によると

 サンフォード・バーンスタインのアナリスト、ハワード・メイソン氏の見方として、JPモルガン・チェースとバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が、今月発表する第3・四半期決算で、モーゲージ担保証券およびレバレッジドローンに関して

     合計約30億ドルの評価損

を計上する見通しだと伝えた。

 JPモルガンはレバレッジドローン関連で約14億ドルの損失(時価評価ベース)を計上するほか、モーゲージおよびモーゲージ担保証券の評価損7億ドルを計上する見通し。

 バンカメは、レバレッジドローン関連で7億ドル、モーゲージ関連で3億ドルの評価損を計上する見通しだという。

  

« 先を読む指標に注目 (FRB) | トップページ | 急激なボラティリティが起きるリスク »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16701077

この記事へのトラックバック一覧です: JPモルガンとバンカメが約30億ドルの評価損:

« 先を読む指標に注目 (FRB) | トップページ | 急激なボラティリティが起きるリスク »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ