« 債券相場は軟化 | トップページ | 経済のダウンサイドリスク »

2007.11.01

1バレル100ドルで世界の経済成長が鈍化

 バハーハ石油・鉱物資源相(イエメン)の発言(1日)

   場  所  ドバイ(アラブ首長国連邦 UAE)

 原油相場が1バレル当たり100ドルに上昇すれば

     世界の経済成長が鈍化する可能性

があるとの認識を示し、石油輸出国機構(OPEC)はこれを阻止するため増産する必要があると述べた。

 原油相場の急激な上昇が市場にショックを与えて原油相場の急激な上昇が市場にショックを与えており、OPECは原油相場を安定化もしくは引き下げるために、次回の会合で増産を決めるべきだと言明した。

 OPEC非加盟のイエメンは日量30万バレル余りの原油を生産している。

 石油消費国にとって1バレル=100ドルは好ましくないとも言及した。

 

« 債券相場は軟化 | トップページ | 経済のダウンサイドリスク »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16943747

この記事へのトラックバック一覧です: 1バレル100ドルで世界の経済成長が鈍化:

« 債券相場は軟化 | トップページ | 経済のダウンサイドリスク »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ