« ペッグ制の全体的な見直し | トップページ | エタノールのリターンは最低 »

2007.11.20

再保険会社が約1184億円の評価損を計

 スイス再保険(世界最大の再保険会社)は

    クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)取引

で10月に12億スイス・フラン(約1184億円)の評価損を計上したことを明らかにした。

 米国のサブプライム住宅ローン関連証券急落の影響が信用市場にも広がったことが背景にあるとしている。

 スイス再保険株は4年8カ月ぶりで最大の下げとなった。

 住宅ローン担保証券(MBS)の下げに対応するために売却したCDS2本で損失が発生したもので税引き後の損失は9億8100万フランとなった。

 6日に発表した7―9月期(第3四半期)決算では1株利益がアナリスト予想を上回っていた。
 株価は前週末比10フラン(10%)安の87.55フランと、2003年3月以来の大幅安となった。年初から15%安となっている。

 利益確保のため再保険の料金を引き上げる可能性もあり注目していきたい。

« ペッグ制の全体的な見直し | トップページ | エタノールのリターンは最低 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17126413

この記事へのトラックバック一覧です: 再保険会社が約1184億円の評価損を計:

« ペッグ制の全体的な見直し | トップページ | エタノールのリターンは最低 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ