« 強い季節的な変動 (中国) | トップページ | ペッグ制の全体的な見直し »

2007.11.20

豪州の綿花生産が前年比62%急減

 コットン・オーストラリアは19 日、綿花輸出で世界5位になると予想されている豪州の綿花生産が

      旱魃の影響で前年比62%急減

し30年ぶりの低水準になるとの見通しを示した。

 豪州のことしの綿花生産長が引く旱魃の影響で河川やダムが干上がり、農業用水が不足したことから、豪州の年間ベースの綿花生産は過去6年間で5回減少し、50万ベールまで落ち込むとの見方が出ている。

 予想通りなら、昨年の生産高の130万ベール、ことしの従来予想である70万ベールをともに下回ることになる。

 世界最大の綿花輸出国である米国で、農家がより高い利益を求めて綿花栽培からトウモロコシなど他の作物に移行するなか、綿花相場は過去1年間で29%上昇している。

« 強い季節的な変動 (中国) | トップページ | ペッグ制の全体的な見直し »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪州の綿花生産が前年比62%急減:

« 強い季節的な変動 (中国) | トップページ | ペッグ制の全体的な見直し »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ