« 通貨バスケット制に移行を模索 (UAE) | トップページ | ユーロ圏のインフレ見通しが悪化 »

2007.11.16

ポートフォリオ(portfolio)

 本来は「紙挟み」や建築家の作品ファイルの意味から派生したもので、ある程度の資産を持つ投資家が、自らの資産を複数の金融商品に分散投資することをいいます。

 また、その投資した金融商品の組み合わせを指すことも多くなっています。

 金融商品における「ポートフォリオ 」という概念が1970年代より研究が盛んとなりモダンポートフォリオ理論が一般に浸透するようになりました。

 統計学に基づいた個々の金融商品におけるリスク分析が行われ、資産において複数の異なる性質の金融商品を組み合わせることでリスク軽減を図ることが提唱されるようになってからです。

 ただ、サブプライムローン問題では、ポートフォリオのスペックとして不良化した債券が含まれることで被害範囲が不明確になるマイナス面もあります。

« 通貨バスケット制に移行を模索 (UAE) | トップページ | ユーロ圏のインフレ見通しが悪化 »

為替用語解説・格言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16689645

この記事へのトラックバック一覧です: ポートフォリオ(portfolio):

« 通貨バスケット制に移行を模索 (UAE) | トップページ | ユーロ圏のインフレ見通しが悪化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ