« 悪いニュースへの過剰反応 | トップページ | 海外での事業拡大の動き(中国) »

2007.11.26

香港で鳥インフルエンザ

 

農業水産管理局(AFCD)が24日、香港の公園で発見されたサギの死体から、高病原性の

    H5N1型 鳥インフルエンザウイルス

が検出されたことを明らかにした。

 このサギは、新界地区の公園で18日に発見されていた。

 AFCDは香港在住者に対し、野生の鳥や生きた家禽との接触を避け、もし触れた場合は手を洗うよう呼び掛けている。

 香港ではことし前半に、少なくとも17羽の鳥インフルエンザ感染が確認されている。

 

世界保健機関(WHO)によると03年以降の鳥インフルエンザによる死者数は世界全体で200人以上となっている。
 今月に入ってからはスマトラ島の男性が鳥インフルエンザで死亡しておりインドネシアの同ウイルス感染による死者数は90人以上となった。

  

« 悪いニュースへの過剰反応 | トップページ | 海外での事業拡大の動き(中国) »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17192416

この記事へのトラックバック一覧です: 香港で鳥インフルエンザ:

« 悪いニュースへの過剰反応 | トップページ | 海外での事業拡大の動き(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ