« 信用市場が収縮の範囲 (米国) | トップページ | ボラティリティ (volatility) »

2007.11.08

謎の再生メカニズム、解明

 米科学誌「サイエンス(Science)」にロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London、UCL)の研究チームが再生プロセスを研究した結果、イモリなどの両生類の切断された足を再生する際に主要な役割を果たす

    タンパク質nAGの分子シグナル

を発見したとする研究結果が発表された。

 イモリなどの両生類がど切断された足を再生させる生物学的プロセスは、生物学者らにとって長年の関心事だった。

 nAGは、神経が切断されていても分泌されるという。

 今回の発見は、ヒトの体の失われた部分の細胞再生への鍵となる可能性もあるようだ。

  

« 信用市場が収縮の範囲 (米国) | トップページ | ボラティリティ (volatility) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17007281

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の再生メカニズム、解明:

« 信用市場が収縮の範囲 (米国) | トップページ | ボラティリティ (volatility) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ