« 為替レートは中国に関する重要協議の一部 | トップページ | 11月の金融経済月報 »

2007.11.13

中国の狂犬病患者

 中国衛生省の発表(12日)

 中国の狂犬病患者が10月末まで

    2717人 (前年同期比 △ 2・4%)

に達しており、5323人が死亡した1983年以来の流行の勢いが見られることから注意を呼び掛けた。 

 感染が深刻なのは広西チワン族自治区と貴州、四川、湖南、広東の4省で、衛生環境が悪い農村部が中心となっている。
   
 地域別の患者数は公表していないが、北京市の感染例は少ないという。

 感染拡大の原因について、犬をペットとして飼育する人が増えたことや、かまれた後の適切なワクチン接種が行われていないことなどがある。

 狂犬病は発病後の死亡率がほぼ100%で、有効な治療法はない。

 中国はインドに次ぎ狂犬病患者が多く、1980年代は流行が最も深刻だった。

  

« 為替レートは中国に関する重要協議の一部 | トップページ | 11月の金融経済月報 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17060056

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の狂犬病患者:

« 為替レートは中国に関する重要協議の一部 | トップページ | 11月の金融経済月報 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ