« OPEC会議閉幕 | トップページ | 名目金利 »

2007.11.19

欧州と中国の貿易協議

 ユンケル首相兼財務相(ルクセンブルク)の発言
     ユーログループの議長を兼務

(発言概要)

 今週行われたルクセンブルクのラジオ局とのインタビューで

      中国人民元が20―25%過小評価

されているとの認識を示した。
 発言内容は同国政府のウェブサイトに掲載された。

 ユンケル議長は、トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁やアルムニア欧州委員(経済・通貨問題担当)とともに11月27日に中国を訪問、為替について協議する。
 為替動向だけでなく、中国とは構造的なマクロ経済全般に関する話し合いを希望していると指摘した。
 また、向こう数年の中国の動向を視野に、エネルギーや通商政策にも言及したいとした。

 ただ、人民元相場が具体的にどの通貨やバスケットに対して過小評価されているかについては触れていない。

 為替が弱いことは中国にとって利益かとの質問に対し、一見すればそう思われるが、純粋に中期的な視点でみれば、潜在成長に向けて輸出拡大に依存するよりも、生産を国内消費に向けることが中国経済の成長にとって利益である点を、今回の協議で明らかにしていくつもりだと話した。

« OPEC会議閉幕 | トップページ | 名目金利 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17116759

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州と中国の貿易協議:

« OPEC会議閉幕 | トップページ | 名目金利 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ