« 米ドルを忌避する動き | トップページ | 追加利下げが必要な場合 (米国) »

2007.11.08

メルケル政権の経済的戦略の必要性

 ドイツ政府の経済諮問委員会(通称 5賢人委員会)は、ドイツ経済および世界経済に関する半年ごとの報告で、ドイツ政府に対し

     改革路線の転換や減速

により近年得た経済的利益を失わないよう警告した。

 報告では、メルケル政権にはより明確な経済的戦略が必要だとし、逆行しているとみられる改革について批判した。
 また、残念なことに、前政権と比べて、明確な方向性に欠けている。代わりに、正しく先駆的な改革が、妨げられ、後退しさえするリスクがあると指摘している。
 また、ドイツの経済成長率について、2007年は2.6%、08年は1.9%になる見通しだとし、成長ペースは減速するものの、国内経済は拡大を続けるとの認識を示した。

« 米ドルを忌避する動き | トップページ | 追加利下げが必要な場合 (米国) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17006883

この記事へのトラックバック一覧です: メルケル政権の経済的戦略の必要性:

« 米ドルを忌避する動き | トップページ | 追加利下げが必要な場合 (米国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ