« 円の価値の見直しを要請 | トップページ | 市場重視型の政策 (中国) »

2007.11.28

インフレリスクを高めた?

 プロッサー総裁(フィラデルフィア連銀)の講演(27日)

   場 所  ニューヨーク州ロチェスター

(発言概要)

 10月の連邦公開市場委員会(FOMC)が決定した政策金利の引き下げは、インフレリスクを高めたと指摘したうえで、消費者物価が上昇した場合、利上げの必要があるかもしれないとの見解を示した。

 FOMCの利下げ決定を考えるとリスク要因だが、今後数カ月間でインフレが徐々に加速し始めた場合、もしくは将来のインフレ期待が上昇した場合、それらは今後の見通しに影響を与え、金融政策も調整する必要があるだろうと語った。

 なお、プロッサー総裁は、米国の金融当局者のなかでも特に強い反インフレ派の一人として知られている。ただ、同総裁は今年、FOMCの投票権を持っていない。

« 円の価値の見直しを要請 | トップページ | 市場重視型の政策 (中国) »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17211477

この記事へのトラックバック一覧です: インフレリスクを高めた?:

« 円の価値の見直しを要請 | トップページ | 市場重視型の政策 (中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ