« ヘッド・アンド・ショルダーズ (head and shoulders) | トップページ | 100万人強が浸水被害 (メキシコ) »

2007.11.02

損失の影響先送りを意図した取引

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ 米紙 2日)

 メリルリンチ(証券大手)が複数のヘッジファンドとの間で、高リスクの

     モーゲージ担保証券(MBS)

関連の損失の影響先送りを意図した取引を行っていたと報じた。

 米証券取引委員会(SEC)がメリルのモーゲージ関連証券の評価方法や投資内容の開示状況を調査しているとも報じた。

 同社は先週、モーゲージ投資に関連して

      79億ドル(約9050億円)

の評価損を計上したことを明らかにした。

 あるヘッジファンドは、メリルのモーゲージ関連の事業体が発行したコマーシャルペーパー(CP)10億ドルを買い取っており、1年後にメリルにこのCPを売却し、一定のリターンを得る権利が保証されているという。

 

« ヘッド・アンド・ショルダーズ (head and shoulders) | トップページ | 100万人強が浸水被害 (メキシコ) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/16952543

この記事へのトラックバック一覧です: 損失の影響先送りを意図した取引:

« ヘッド・アンド・ショルダーズ (head and shoulders) | トップページ | 100万人強が浸水被害 (メキシコ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ