« 来年1月に100円割れ? | トップページ | 香港で鳥インフルエンザ »

2007.11.25

悪いニュースへの過剰反応

 ケビン・ガーディナー氏の発言
   HSBCホールディングス(英国)
     世界株式ストラテジスト

(発言概要)

 米国株式市場の見通に対し、直感に従えば 

    市場は恐らく、悪いニュースを過剰

に織り込んでいる。
 個人的には、米国がリセッション入りの瀬戸際にあるとは思わない。
 しかし、そのことを人々に納得させるのはとても難しい。見通しで鍵となるのは、小売関連の統計が今後1-2カ月程度、どのような展開を見せるかだろう。

 消費がまずまずの水準で持ちこたえれば、リセッション入りすることなく米経済は現在の苦境を乗り越えられるという信頼感が戻り始めると思う。

 ブラックフライデーに始めるクリスマス商戦の販売額が今週WSJから発表されるが、小売業の統計で影響を与えるということは従来どおりであり、注目したい。
 日本のニュースにおける経済や政治記事は減少し、ワイドショー化しており偏向的な内容が目に付きすぎるものの為替相場への影響を与えるような力はないため無視する程度のものと考えたい。
 ただ、煽り情報に注目し過ぎて投資し、痛い目を負うことが多いのもそろそろ考えたほうがいいのではないだろうか。

« 来年1月に100円割れ? | トップページ | 香港で鳥インフルエンザ »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17180111

この記事へのトラックバック一覧です: 悪いニュースへの過剰反応:

« 来年1月に100円割れ? | トップページ | 香港で鳥インフルエンザ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ