« 資源配分の大きな歪みの兆候 | トップページ | 足の筋肉は第二の心臓 »

2007.11.21

レスキャップへの資金注入は困難化

 米国の社債市場では

    ゼネラル・モーターズ・アクセプタンス・コープ
                 (GMAC 金融会社)

とその大株主サーベラス・キャピタル

が、GMACの住宅金融部門

    レジデンシャル・キャピタル
              (レスキャップ)

にこれ以上資本注入することはないとの観測が出ている。  レスキャップ債はすでに破綻懸念を反映した水準で取引されている。

 投資家からは、レスキャップが社債約款に抵触しないためには、今後1カ月の間にGMACかサーベラスから少なくとも10億ドルのあらたな資本注入を受ける必要があるとされる。

   レスキャップは、カントリーワイド・フィナンシャル

に次ぐ米国2位の独立系住宅金融会社であり、今年に入り3回、

GMACは

計20億ドルをレスキャップに注入した。

 投資家のリスク警戒感は、GMACにも向けられ同社のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は19日

     910ベーシスポイント(bp)

と845bp前後だった前週末からワイド化した。

 サーベラスがゼネラル・モーターズ(GM)

からGMAC株を取得した際、アナリストの間でレスキャップはGMACの優良資産とみなされていた。
 レスキャップは住宅ブームの間に積極的に事業展開し、GMACの重要な収益源となっていた。
 しかし、サブプライムローンの返済不履行率が高まる状況となり不良債権が急増しお荷物になっている。

« 資源配分の大きな歪みの兆候 | トップページ | 足の筋肉は第二の心臓 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17132186

この記事へのトラックバック一覧です: レスキャップへの資金注入は困難化:

« 資源配分の大きな歪みの兆候 | トップページ | 足の筋肉は第二の心臓 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ