« 米国経済は危険地帯にいる | トップページ | サブプライム問題、銀行の損失は世界全体で最高44兆円 »

2007.11.15

外貨準備の多様化 (中国)

 易綱総裁補佐(中国人民銀行)の発言(14日)

   場  所  ケイトー研究所(ワシントン)

(発言概要)

 米ドルは中国が保有する

     1兆4300億ドル(約160兆円)

規模の外貨準備において依然として主要な通貨だと述べた。

 もちろん外貨準備を多様化していくべきだが、外貨準備の通貨別割合は貿易や外国直接投資、清算・決済といった実体経済に即したものにすべきだと語った。

 米連邦準備制度のデータによれば、中国の投資家による米国債保有は8月までの5カ月間で5%減少し4000億ドルとなった。

 なお、成思危副委員長(全人代 常務委員会)が、外貨準備の多様化を図る際には、より強い通貨で運用する方針を示したことから、米ドルは11月7日にユーロや円などを含む主要通貨のバスケットに対して最安値を付けていた。

« 米国経済は危険地帯にいる | トップページ | サブプライム問題、銀行の損失は世界全体で最高44兆円 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17079730

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨準備の多様化 (中国):

« 米国経済は危険地帯にいる | トップページ | サブプライム問題、銀行の損失は世界全体で最高44兆円 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ