« 湾岸諸国にドルペッグ制の廃止を要請 | トップページ | サブプライム住宅ローンの変動金利を一時的に固定する案 »

2007.11.30

景気とインフレのリスク

 バーナンキ議長(FRB)の講演(29日)

    場 所  シャーロット(ノースカロライナ州)

(発言概要)

 金融市場の動揺が再燃したことによって、景気の見通しに

     過去1カ月に重大な影響を与えた

として、金融当局は成長減速とインフレ加速の間のリスクバランスが変動したかどうかを判断しなければならないと述べた。

 バーナンキ議長は、28日に講演を行ったコーンFRB副議長と同様、景気とインフレのリスクが

    おおむね均衡している

という10月のFOMC声明の認識は繰り返さなかった。

 将来についての不透明感は通常よりも大きく、当局はいつにも増して警戒を強め柔軟でなければならないと述べた。
 ガソリン価格上昇と住宅市場の低調、信用環境の逼迫)傾向、株価下落という組み合わせは、今後数カ月の消費に幾分の向かい風となる公算が大きいとして、景気拡大の持続には、労働市場の良好な状態が続くことが重要だとの見解を示した。                

« 湾岸諸国にドルペッグ制の廃止を要請 | トップページ | サブプライム住宅ローンの変動金利を一時的に固定する案 »

要人発言」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17233720

この記事へのトラックバック一覧です: 景気とインフレのリスク:

« 湾岸諸国にドルペッグ制の廃止を要請 | トップページ | サブプライム住宅ローンの変動金利を一時的に固定する案 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ