« 市場の状況が一段と悪化 | トップページ | ECB総裁と加財務相がドル下落に反発 »

2007.11.11

エネルギー供給契約

(米ウェブ紙「ワールドトリビューン」の報道9日付)

 イラク北部のクルド地域自治政府はこのほどインドのリライアンス社、オーストリアのOMV社、ハンガリーのMOL社など7社と

    エネルギー供給契約

を結んだ。

 この契約はイラク北部おける原油と天然ガス増産が目的であり、新たな契約も近く結ばれる予定だという。

 アシュチ・ハワラミ氏(自治政府 エネルギー担当官)の発言

 エネルギー供給契約はクルド地域の原油増産を1日100万バレルの目標に近づける重要なステップだとしている。

 トルコ軍はPKK掃討のため近くクルド自治地域への越境攻撃を開始するとみられているが、トルコ軍の攻撃が行われた場合の同地域への経済的ダメージが懸念されており、この契約による海外からの牽制も意図しているかもしれない。

 なお、イラク北部のクルド地域にはクルド人武装組織

    クルド労働者党(PKK

の拠点がある。

  

« 市場の状況が一段と悪化 | トップページ | ECB総裁と加財務相がドル下落に反発 »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17038509

この記事へのトラックバック一覧です: エネルギー供給契約:

« 市場の状況が一段と悪化 | トップページ | ECB総裁と加財務相がドル下落に反発 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ