« 均衡の取れた流動性環境 | トップページ | FRBとの協力関係 (ECB) »

2007.12.08

鳥インフルエンザA(H5N1)

 世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は7日、中国江蘇(Jiangsu)省で1つの家族から2人の鳥インフルエンザ感染者が確認されたと発表した。

 これにより、高病原性鳥インフルエンザA(H5N1)ウイルスがヒトからヒトへ感染している恐れが浮上してきた。

 この2人の男性のウイルス感染経路については

     両者が同じ動物から感染
     両者間で感染
     ウイルス感染した別々の動物からそれぞれ感染

の3パターンが可能性として挙げられている。

 ヒトからヒトへの感染は非常にまれで、これまでベトナム、カンボジア、インドネシアで各1件、計3件しか発症例がないといわれている。

 参  考   

    国立感染症研究所

     

« 均衡の取れた流動性環境 | トップページ | FRBとの協力関係 (ECB) »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17303613

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザA(H5N1):

« 均衡の取れた流動性環境 | トップページ | FRBとの協力関係 (ECB) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ