« アニュアルレポート | トップページ | 鳥インフルエンザA(H5N1) »

2007.12.07

均衡の取れた流動性環境

 欧州中央銀行(ECB)は7日、微調整オペを実施する予定。

 金利4%で80億ユーロ(約1兆3000億円)を短期金融市場から吸収すると発表している。  

 ECBは積立期間の最終日に均衡の取れた流動性環境となることを引き続き目指し、必要な場合は最終日に新たに微調整オペを実施するとしている。

 現在の積立期間は今月11日に終了する。

« アニュアルレポート | トップページ | 鳥インフルエンザA(H5N1) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/17299795

この記事へのトラックバック一覧です: 均衡の取れた流動性環境:

« アニュアルレポート | トップページ | 鳥インフルエンザA(H5N1) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ